ぱれっと  愛犬と飼い主さんのための心のケア、身体のケア
人と犬研究家 なかしまからのご案内!
しえろが倒れたっ!?
こんにちは。ぱれっとです

HPはこちら
FBページはこちら

犬と暮らしていると、いろいろあります
でも、どんなことがあっても、それは事実であり、
受け止めなければならないこと。
それにたいして、どう対処するのか・・・

「今」の私でいられたことが、
本当によかった・・・
しえろもそう思ってくれているかな。

もちろん、これは、我が家のお話しなので、
どう対処するかは、みんな違います^^

DSC00295.jpg


先日、帰宅したら・・・・

たたたた~~と玄関先に走ってくる二人。

しえろは、いろいろとお話をしてくれます。

あのね、まま、お留守番中にね~~ っていっているだろうな、っていつも思っているのですが・・・

帰宅し、いつもごとくお迎えに来てくれた二人。
(家に人がいないときには、サークルでのお留守番ですが)

おかえり~~ とるしあ。

いつものごとく、しえろのおしゃべりが始まりました

違ったのは、いつもよりテンションが高かった、ということ。
天気がよかったからなのか、なんのか・・・

走りながら、くるくる回ったり。
・・・

きゃんっ、きゅんっ、きゃっ・・・

といい始めたと思ったら、
左半身に体重を乗せ、バランスの悪い格好に。
そのまま、右手、右足は軽く地面に付くものの、安定せず。

ぱたっと左半身を下に倒れた。

・・・・・・・・

・・・・・・・・


・・・・・・・

ぱたぱたしながら、どうにか起き上がり、そのまま、きれいな伏せの姿勢に。

そして、動かなくなった・・・・・


観察記録!

左半身に体重を乗せ、バランスの悪い格好に
うーん、ひざが外れたのかな。
最近、やせて筋肉が落ちたので、はずれやすくはなっているだろうな。
でも、手かな?
うーん・・・


そのまま、右手、右足は軽く地面に付くものの、安定せず
しーたん~
どうしたかな、 
落ち着かないと、散歩行けないよ~~と声をかけながら、観察を続ける・・・
とめたほうがいいか、でも、そろそろとまるか?
痛いところがあるなら、急に触らないほうがいいか・・・


ぱたっと左半身を下に倒れた
ええ、まじ!!!
でも、表情はぼっとしているわけでもなく、
目もしっかりしている。
とりあえず、右半身を軽くタッチ。
さわって、痛がる様子もない。
おこそうか、少し様子を見ようか。。。


ぱたぱたしながら、どうにか起き上がり、そのまま、きれいな伏せの姿勢に。
動きが止まった。
全身をタッチ。
こういうとき、耳のタッチがいいのではあるけど、
いま、左耳を触れるのにとても敏感なので、
とりあえず、身体だけ。ゆっくり呼吸をしながら、タッチを続ける。


おそらく、ほんの数十秒のこと。
素人判断だと、
どこかの関節が外れたのではないか、という感じなのだけど。。。
一瞬倒れたときには、てんかんかっ! と思ったけど。。。

ただ、とても冷静にその状態を観察し、
すぐにできることができたと思う。

しえろ自身、自分の身体に何が起きたのかわからなかったと思うのだけど、
もとにもどったときも、ぶるぶるふるえたり、というような不安があることもなく。

そのあと、散歩に出て、
外では、歩き方をチェックしたかったので、地面に下ろしましたが、数歩しか歩かず。
でも、ふらつきもなく、足の運びもまったく異常なく。

とりあえず、様子を見ていってもだいじょうぶだな、と判断。


今できることが自分にあること。

そして、冷静な気持ちで向き合えたこと。

しえろ自身を不安な気持ちに(おそらく)せずにすんだこと。


今までに積み重ねがあって、今の自分になれていて、本当によかった・・・
昔だったら、すぐに病院だ~~ってあわてていただろうね。

シニアだから、というわけではなく、
命あるものと暮らしていれば、
いつ、どこで、何があるかはわかりません。

だから、自分ができることだったり、
心の持ち方だったりをしっておくことにより、
冷静に判断できる。

そうすれば、処置が早くできる。

もちろん、病院に連れて行くことも必要だけど、
行くまでの間にできることもきっとある。

どうしよう~~~~ って思っている時間にできること
結構たくさんあるんです。

だから、引き出し作っておいてね。
そして、それがいつも引き出せる状態でいてね。

ま、すぐにお散歩連れ出したのがいいのか悪いのかは・・・ですが。
それも、飼い主の判断です^^

夜には、ゆっくりとレイキのヒーリング。
いつもより、エネルギーの流れがすごかった。。。

もちろん、いまは、元のとおりに
家の中は普通に歩き、
ソファーにのったり、ベッドに乗ったりしています^^

しかし、なんだったかなぁ・・・


あくまでも、
我が家、
しえろ、
私、 だからこういう判断をしただけです^^


いまも経過観察中です。

DSC00289.jpg

スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © ぱれっと  愛犬と飼い主さんのための心のケア、身体のケア. all rights reserved.