ぱれっと  愛犬と飼い主さんのための心のケア、身体のケア
人と犬研究家 なかしまからのご案内!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アニマルコミュニケーションしてもらいました
こんにちは! ぱれっとです

HPはこちら
FBページはこちら

FBページは更新していましたが・・・
あらあら、やはりブログ放棄(-_-;)

いやいや、しっかりと書きますよ~~♪

少しは楽になったものの、花粉症でぐずぐぐ。。
そして、鼻腔に左右の差があり、狭いほうが炎症を起こすと、
鼻での呼吸がしづらくなり、ちょっとトーンダウン中。。。

話は変わり

先日、アニマルコミュニケーションを受けました。

DSC00428.jpg
ご存知でしょうか?
犬と話す、というものです。

???え????
まぁ、いろいろと疑問をお持ちになる方もいらっしゃるとは思いますが
とりあえず^^;

私も、実は、100%信じているわけではありません。

テレパシー??
イメージ???


DSC00427.jpg


やはり、自分ができないもの、知らないものに対しては疑問を抱くのは当たり前。

でも、どうしても愛犬の言葉を聴きたい、って言う時ありませんか?

かなり、胸にド直球なげてくることがあります。

もちろん、ちがうじゃん、ということもありますけどね。

信じるか、信じないかは、その人次第でいいと思っています^^

私は、信じたいところだけ信じる派

今回は、体調のことを聞いたので、
今後どう接するかのバロメーターになりました。

多分・・・
ママさん達が思っていることを、犬たちはしっかりと理解している。
だから、どうするか、ママさんがしっかりとした意志を持つことが大切かも知れない、と学びました。

いまの世の中、
インターネットでいろいろな情報が入ります。
耳年増になりがち。

情報は情報として、一つの指針であり、
それが100%そのママさんとわんこにあてはまるかどうかは???です。
それを、一つのバロメーターとし、
愛犬はどうしたいのか、ママさんはどうしてあげたいのかをしっかりと見極め、
向き合っていくことがとても必要。

アニマルコミュニケーションは、その手助けになると思いました。

今回、おはなしをしてもらったことで、
こうだろうな、とおもっていたことを、
愛犬がコミュニケーターさんに伝えてくれていました。
あ、まちがっていないな、という自信になりました。

不安を持ちながら接することが、愛犬を一番不安にさせる。
ママさんが、しっかりとした意志を持って対応すれば、
きっとそれが正解。

なにごとも、うまく使うことが必要ですね。

今回、私の胸にズギュンと来た言葉。

DSC00310.jpg


「一喜一憂しないで」

はいっ・・・
私がぶれると、愛犬も心配するようです・・・

そして、何より自信になったのが、
私は、愛犬に対し なにかできることがある、ということ。
そう、テリントンTタッチであり、マッサージであり、温灸であり・・

ぜひ、なにか、
ご自分ができること、みにつけておかれると安心だと思います。

愛犬は、何よりママや家族と一緒にいられるのが幸せなのですからね^^
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © ぱれっと  愛犬と飼い主さんのための心のケア、身体のケア. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。