ぱれっと  愛犬と飼い主さんのための心のケア、身体のケア
人と犬研究家 なかしまからのご案内!
犬のお仕事をする人たちのためのTタッチ 開催いたしました

こんにちは! ぱれっとです

HPはこちら
FBページはこちら

CIMG9232.jpg

12月2日。犬仕事をする方のためのTタッチ講座を開催いたしました。

CIMG9358.jpg

参加してくれたわんこは2わん。
いつも、わんこたちは、たくさんの学びをくれます。

CIMG9307.jpg

初めての場所、みなれない人、気になるグッズ(一番最初の写真)などなど、気になることがたくさんのMくん。
バランスを整えてあげて、四肢でしっかりたてることがあり。
でも、どうしても気になる・・・
視覚情報を軽減させてみてはどうかな、ということで、サンダーキャップを着用。
これは、眼隠しではなく、向こう側はちゃんと見えるんです。
ただ、すこしぼかすことにより、たくさん入る視覚からの情報を減らすことにより、落ち着くことを促してあげます。
だいぶ落ち着いてきました。。。

CIMG9415.jpg

もうひとりの参加わんこ。Rくん。
Mくんと似た感じのタイプでした。

今回は、タッチなどを学ぶことはもちろんですが、ケースにそって、こんなことやってみてはいかが?というようなことをたくさん学んでいただきました。
シッターさん、トレーナーさんなど、お仕事に活用していただけたらいいなということで。



いろいろなご意見をいただいたり、Tタッチを学んだことのある方は、こんな方法を試してはいかが?など
積極的に参加していただけて、あっという間の3時間でした。

☆トレーニングと合わせて、上手に使ってみたいと思いました  トレーナー&シッター

☆落ち着きがなかったので困っていたが、直接やってもらって変化が見られました  トレーナー

☆今後の動物との関係を深めるのに役立つと思いました  トレーナー

☆愛犬が小さい時に知っていたかった  セラピスト


などのお声をいただきました。

ぜひ、続編を~という嬉しいお声も頂戴いたしましたので、
また、犬のお仕事をされている方向けのクラス、開催いたしたいと思います。

ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。
ぜひ、お仕事に取り入れられ手いただけたらと思います。

Tタッチは、トレーニングと併用することもできます。
病気のわんこが、病院に通いながら、飼い主さんができることでもあります。
「Tタッチ」という言葉を聴いたことあるけど、どんなものかよく知らないな・・
というかた、
ぜひ、一度体験してみていただけたらな、と思います。

スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


犬が一緒でなくても、学べることはたくさんあるのですね。
それができるのは、参加された皆さんが犬のことを良くご存じで、
知識があるからなのでしょうね。
私も、もっと犬のことを知らなければいけませんね。

これからも宜しくお願いします。
うー | URL | 2015/01/11/Sun 23:45 [EDIT]
Re: タイトルなし
コメントありがとうございます。
お返事遅くなり、大変申し訳ありません。

もちろん、犬同伴でなくともたくさんのことをまなべますし、
客観的に 犬をみることができ、それもいい学びになります!

たくさんの犬をみてくられているうーさまなので、
きっとたくさん得られることはあると思います^^
ぱれっと | URL | 2015/01/20/Tue 15:23 [EDIT]



TRACK BACK
TB*URL





Copyright © ぱれっと  愛犬と飼い主さんのための心のケア、身体のケア. all rights reserved.