ぱれっと  愛犬と飼い主さんのための心のケア、身体のケア
人と犬研究家 なかしまからのご案内!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


柔軟な思考
こんにちわ.「ぱれっと」です

バッチのカウンセリングをしているとき.
たとえば,
「いらいらするので,それがなくなるようなバッチってなんですか?」ときかれたら...
そのいらいらする原因はなにか,いらいらすることによって,
どういう問題が生じるのか,などと
「いらいら」という言葉にとらわれないで,
その大元の原因を探ることによってレメディを選んでいきます.
自分が思ったことができないからいらいらするとか,
人の発言が納得いかなくていらいらするとか,
どこかが痛くていらいらするとか・・・

わんこのマッサージのときに
「チャイムが鳴るとほえるんですけど,どうしたらやめられますか?」と聞かれたら・・・
お座りさせてみる,とか,ハウスさせてみる,とか
って答えそうになりそうですが・・・
これは,しつけ的な回答としてはOKなのかもしれません.

なぜほえるのか,ほえているときどういう姿勢なのか,
ほえることによって,どんな問題が生じるのか,
それならどうしよう???
と考えなければなりません.
チャイムが鳴ることに対して,冷静でいられれば,
ほえることはないはずです.
だったらどうする? ということを考えていく,
それが,バランスドッグマッサージ的な思考

どれを用いるのか,それは飼い主さんが
そのわんこの適正を見据えて考えていただければいいかと思います.

以前,書いたかもしれませんが,
私はチョークでトレーニングすることに反対でした.
でも,それが適している子もいる,ということに気づかせてもらい,
その子が一番,わかりやすく,そして,少しでも早く
飼い主さんと楽しい時間を送れるようにしてあげることに
気づいてあげることのほうが大切だ,とういことがわかりました.

ただ,その適正に気づかないことが,まだまだ多いのかもしれませんね.
ひとつの方法がだめだからあきらめるのではなく,
いくつか試してみて,おうちのわんこが一番わかりやすい方法,
それを見つけてあげられるよう,
やっぱり観察する
ということが大切だと思います.

どんなことを観察すればいいの?
そんな疑問がわいたら「ぱれっと」までお問い合わせください
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © ぱれっと  愛犬と飼い主さんのための心のケア、身体のケア. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。