ぱれっと  愛犬と飼い主さんのための心のケア、身体のケア
人と犬研究家 なかしまからのご案内!
犬の気持ち・・・
こんにちは.「ぱれっと」です

クリック    
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村 こちらもクリック  是非,ポチットお願いいたします

オリンピックもあと残すところわずか.
さぁ,本日のフィギア,どういう結果になるか!!
今後,是非是非ペアやダンスもテレビで放映してほしいものです

アジリティをやっていると,
一緒に走っていてもつい目を離す瞬間というものがあります.
タッチ障害のタッチゾーン.
(上ったておりるAフレーム,ドッグウォーク,シーソーというものには,
ここは必ず踏まなければいけない,というゾーンがあります)

次の障害をみて,犬からつい目を離すと,タッチせずに跳んでしまったり.
ハードルを跳ぶと思って,次に視線がいってしまうと,跳ばずに後ろからついてきていたり.
トンネルに入った,と思って,気がせいてしまうと出てきてしまったり,
スラロームができたっとおもって次の障害に気が行ってしまったら,最後抜けてしまったり

すべて,ついうっかり・・・
とか
いったと思った,とか.
全てハンドラーのせい

なかなか,これが難しいのですよね・・・
犬を見ていなくてはいけないけど,次のコースのこともあるし・・・

ほんと,犬ってしっかりと飼い主さんのことをみているし,
こうしたいんだな,ということをわかってくれています...

ああ,こんなこと書いている私ですが・・
アジリティの練習では,ついついあせって,タッチゾーンからダイブさせてしまい,
みんなに
しえろ,大丈夫? と心配させたり・・・
スラロームの最後の一本,いったっ! っとおもったら,抜けちゃったり・・・
まだまだです.

自分中心でなく,
こうしたら,犬は安心して走れる,とか走りやすいとか考えてやらないとね

練習で100%できていないことは,
本番で成功する確率はとっても低いです.

浅田真央もとにかく練習をいっぱいした,と.
練習で100%できたという自信があれば,成功につながる・・・
(でも,鈴木選手がんばってほしい^^;)

しつけでも,家の中などで,100%指示が聞けたとしても,
外に出たら,50%以下になることも,もちろんあります.
アジリティだってそう・・・
ハンドラーの緊張も増すし,雰囲気も違うし・・・
練習で200%くらいできれば,本番80%くらいはできるのかなぁ・・・

いやいや,とにかく・・・
なにか犬と一緒にやるとき,
アジリティでも,オビディエンスでも,ダンスでも,なんでも・・
本気で向き合って,一生懸命だということを
ちゃんと犬にわかってもらわないと,
犬のほうが一枚上手だ,ってことですね.
いや,犬は素直,ってことですね

一生懸命やってくれる犬たちに感謝です.
なにより,練習が必要なのは・・・
そう,飼い主であるハンドラー・・・
がんばろう~~
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © ぱれっと  愛犬と飼い主さんのための心のケア、身体のケア. all rights reserved.