ぱれっと  愛犬と飼い主さんのための心のケア、身体のケア
人と犬研究家 なかしまからのご案内!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


全体を見ること
こんにちは.「ぱれっと」です

ぱれっとのマッサージ&タッチをたくさんの方に知っていただきたく・・・
お試し価格にて、セッションしています。
たくさんの皆様のお申し込みお待ちしています~。
詳細は、こちら

クリック    
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村 こちらもクリック  是非,ポチットお願いいたします

朝夕は,かなり涼しくなりました.
のどが弱いなっち・・・ ハーブティの季節になってきたようです.

わんこをしっかり観察できるようになると,
体の使い方を気にするようになる方が増えると思います.

腰が痛い,とか,足をひきずっている,とか...
はっきりと,どこが悪い,と目で見てわかる場合,
ついつい,そこをどうにかしてあげよう,と思いがちです.

右足を捻挫したとき.
そちらをかばって,気づいたときには,左足が痛くなっていた,なんてことありますよね?
そう・・ 痛い場所だけではなく,その周辺も気遣ってあげることが大切なんです・・・

腰が痛いとき.
そこをかばって,おなかに力が入っているかも?
前足で踏ん張っているかも?
一生懸命首で頭をささえているかも??

足が痛いとき.
そこをかばって,反対の足,違う足がつかれているかも?
尻尾でバランスをとっていて,尻尾の付け根が固いかも?

などなど・・・
TタッチのWSのときに,よくいわれました.
周辺視野 でみること.

ついつい,痛みにスポットを当てがちですが,
そこをケアしてあげるのはもちろんのこと.
周りからほぐしていってあげると,痛みのケアにつながっていくことがあります.
「体全体」をしっかり見られるようになるといいですね.

毎日愛情を注いでいるわんこたち.
一緒に生活しているわんこたち.
野生で暮らしているわけではありません.
自由に走り回れることもなかなか多くはありません.
ストレスもかかります.
飼い主さんがケアしてあげること,
それが,よりよい生活につながると私は信じています.

ただ・・・
「人」ではありません.
やはり「犬」であることは,忘れないでくださいね.
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © ぱれっと  愛犬と飼い主さんのための心のケア、身体のケア. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。