ぱれっと  愛犬と飼い主さんのための心のケア、身体のケア
人と犬研究家 なかしまからのご案内!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ドッグスポーツ
こんにちわ。「ぱれっと」です

きのうは、アジリティの競技会に参加してきました
アジリティってなに?
という方のためにちょっとご紹介

ハードルとか、トンネルなどがあって、それをとんだり、くぐったり。
障害物競走のようなものといえば、なんとなくイメージはわくでしょうか?
タイムを競うものですが、
途中で、ハードルのバーをおとしたりすると、失敗、
次の障害をいやがったりしたら、拒否、
ハードルを逆からとんでしまったら、失格、
などといろいろなルールがあります。


始めたきっかけは、みなさん、さまざま。
わんこと一緒に、なにかしたい、というのが多いと思います。
わんこにとっても、走る、というお仕事が与えられて、
まさに、水を得た魚なような子もたくさん

ほかにもわんこのスポーツには、
フライボール、フリスビー、ギグレース、犬ぞりなど、
いろいろとあるみたいですね。

先日ご紹介した
「さすらいのドッグトレーナー」
ここでもかきましたが、
かんだり、ひっぱりがひどいわんこが、
シープドッグになったら、それがなくなった、というお話がありました。
そう、スポーツをする=わんこにとってのお仕事。
なにか仕事を与えられたわんこは、もしかしたら、いま問題行動とおもっていることが、なくなるかもしれません。

この子、運動量がたりないんじゃないかしら、
とおもったら、なにかスポーツ始めてみてはいかがですか?
ちなみに・・・
アジリティは飼い主さんも走るので、
こちらの体力維持も必要となってきますので、
一石二鳥かも

アジリティってこんなのだよ、
というご紹介です


ちびっこなので、スピード感は感じられませんが・・・
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © ぱれっと  愛犬と飼い主さんのための心のケア、身体のケア. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。