ぱれっと  愛犬と飼い主さんのための心のケア、身体のケア
人と犬研究家 なかしまからのご案内!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


病院、好き? 嫌い? 愛犬の心のケア
こんにちわ!!「ぱれっと」です

このバナーをクリック 

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村 もひとつこちらもクリック

目指せランキング入り
ということで^^; 
是非,ポチットお願いいたします

梅雨明けしてから、真夏。。
ここ2日ほど、少し気温は下がったみたいですが、湿度が~~~
どの程度効果があるのか???
ですが、クールマックスのTシャツを買いました わんたちの・・・
久しぶりの洋服。
名前入りです
みかけたら、
しえろ~~ るしあ~~ って呼んでください

先日、るしあが眼がちょっとおかしい、ということで、
獣医さんに紹介していただき、眼科へ行ってきました

機器のすごいこと、すごいこと・・・
人とまったく同じですね。
そして、先生が見ている画像がモニターにうつしだされて、
それをみながら、いろいろとお話を伺える・・・

初診だったので、いろいろな検査があり、3時間ほどかかりましたが、
待合室で、いろいろな飼い主さんとお話をしたりして、あっという間でした。
やはり、専門医というのは、そう多くないので、
みなさん、遠くからいらしていたり、
2週に一度とか、1ヶ月に一度とかいらしているようです。

ちょ~~~暑い日だったので、みんなぐったり
でも、わんこを愛する気持ちで、すこしでもよくなるように、
という気持ちが手に取るようにわかりました。

先日書きました「動物とひとのかかわり」の本の中に、

”どれだけ飼い主が後々のことを考えてしつけとか、ケアをしてあげているとか、
それによって、動物が年を取ってからの獣医療では、随分選択範囲が変わってくる”

と書いてありました。
年をとって、獣医につれていって、
とにかく、不安と恐怖で、診察にならなかったお話が書いてありました。

今回、るしあが診察をしていて、
わたしが、あんなことされたら、イタイってなきそうだし、
いや、って一瞬にげてしまいそうなことも、
彼は、ちょっとしり込みしてはいましたが、
我慢して、いろんな検査をされていました。
まだ、7ヶ月なので、いやなこと、怖いことをあまり経験していないので、
もしかしたら、自分がなにをされているのかよくわからないので、
なすがままにされていたのかもしれません。

そうであれば、これが、彼にとってのトラウマにならないよう、
ケアしてあげる必要があります。

もしかしたら、我慢強い子なのかもしれません。

それは、ちょっとまだ、わかりません・・・
まだ、5ヶ月程の付き合いなので。。。

動物は、
死ぬほど怖い思いをすると、元のように人や場所、状況に対して、
平然とこうどうすることがどうしてもできない

動物の情動に一番してはいけないのは、ひとつだけ。
恐怖を感じさせること。 痛みよりよくない

と、こちらも先日紹介した「動物感覚」に記載してありました。

ついつい、気づかぬうちに、恐怖をかんじてしまっていることはあると思いますが、
それを、どうケアしていってあげるか。。。
考えていかなければいけないな、と思っています。

これからの季節。
「雷」
完全に、平気にならなくとも、少しでも恐怖感、不安感をとりのぞけるよう、
なにか、対策を採ってみることは、
ストレスを減らすことにつながります。
バランス・ドッグマッサージでも、バッチフラワーレメディでも
もちろん、ほかのなにかでも、きっとそのこにあった方法はあるはず。

しえろが、雷の不安を少しだけ拭い去ってきています。
3年近くかかりました。
今も、雷がなると、不安でいっぱいですが、以前ほどではありません。

気長~~に構えて、やっていきましょう
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © ぱれっと  愛犬と飼い主さんのための心のケア、身体のケア. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。