ぱれっと  愛犬と飼い主さんのための心のケア、身体のケア
人と犬研究家 なかしまからのご案内!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


わんこと出会うということ
こんにちわ。「ぱれっと」です

先ほどから、書きたいことはあるのですが、
頭がまとまりません・・・
今日は、ちょっとしたおはなし、というのではなく、
私の個人的な考えですのですので、
ご了承ください
獣医さんからお聞きしたお話。
ある家族が、わんこを迎えました。
その子は、とっても噛み癖がひどく、手に負えないほどで、
お父さんもお母さんも、子供もみんなかまれていたそうです。
しつけ教室にかよったりもしたそうですが、
もう、どうにも手がつけられなくなり、
子供が怖がってしまい、その家族は、安楽死という道を選びました。

獣医さんとも話し合い決めたこと。
獣医さんは最後までどうにかできないかと考えたそうですが、
この子のためには、安楽死もひとつの方法かも、と自分をなっとくさせ、その道を選ぶことになりました。

いつもは、病院に入るだけで大騒ぎのそのわんこ。
その日にかぎっては、とってもおとなしく、
素直に獣医さんにつれられていったそうです。
獣医さんいわく、
フラワーエッセンスで気持ちを落ち着かせてあげたそうですが、
その子は、もう自分がどうなるか、悟っていた、
だから、最後くらいはいいこでいよう、って思っていたように見えたそうです。
獣医さんも涙がとまらなかったそうですが、
わんこは、天使になりました。
その顔は、うらむこともなく、安心した顔をしていたそうです。

どんなわんちゃんも、飼い主を恨んで旅立つ子はいないと
聞いたことがあります。
その子との別れることにより、きっとなにか、飼い主さんは
感じてくれると思っているのです。

おととし、私はシマリスのティップを亡くしました。
ちょうど、その日は、レイキを習う日でした。
ショックだったため、うけに行くのはやめようかとおもったのですが、
もう1日早く、教わっていれば、
もう少しティップに何かしてあげられたのかもしれない、
と思ったら、つらくても行かなければ行けないんだと思い、
家をでました。

今日、友人と話しをしていて、
改めて、動物の死、というものは、
人に何かを教えるためのものなんだ、と感じました。

いま、うちのわんこは元気です。
でも、いつかはこの子も虹の橋に旅立ちます。
ただ、そのときに、後悔しないよう、
私が今出来る限りのことを学び、この子に幸せに過ごしてもらいたい、
この子と一緒に笑顔で毎日を過ごしたいと思っています。

いろんなことをやっていても
なにかもっとできたんじゃないか、ってきっと思うと思います。
でも、少しでも、これがやれてよかった、
こうしてきてよかった、って思いたいし、
皆さんにもそう思ってもらいたいから、
私は、「ぱれっと」は、飼い主さんとわんちゃんに
笑顔の時間がたくさんとれるよう、
何かお手伝いがしたい、と思っています。

コンパニオンアニマルの存在は偉大です。。。
それに気づかせてくれた、わが子たち。。。
偉大です。

もうすぐティップの3回忌。
いまだに、弱ったときに彼女の写真はみられません・・・
でも、ちゃんと毎日、笑顔で話しかけています
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


すっごく共感します。

我が家はシニア犬なので、「その時」もそう遠くない将来訪れます。そのことに怯えたときもあったけど、「あと少ししか一緒に過ごせない」ではなく「まだ一緒にいられる間に、何をしてあげられるか、どんな時間を共に過ごすか」と見方が変わりました。
どれだけ何をしても、「これで十分、納得」と思うことは絶対にないだろうけど、そんな風に考える飼い主の気持ちは愛犬に伝わるからこそ、いろいろなカタチで応えてくれてるのだと思うし。

世の中、無意味なことは何一つなく、愛犬との巡り合いも意味ある必然。と、実感してます。
だって、このコ達がいなかったらスピ系理念を受け入れたりすることは生涯なかったと思うし・・・
のんき | URL | 2007/02/08/Thu 01:34 [EDIT]
わたしも
共感しました。

ペットを迎えて、かかわって、見送ることは
一方通行ではありえないことで…。
よくも悪くも打てば響く、というか。

単なる「癒し」という言葉ではあらわせないくらい
大きな影響力がありますね。

うーん、うまく書けないけど…。
黄身 | URL | 2007/02/08/Thu 09:06 [EDIT]
同じく共感してます。
私より短い命を持って生まれたわんこと、最大限の楽しい事、厳しいことetc等、最期まで一緒に絶対ぜったい、生活を共にしたいと心から強く思います。
ひろっち | URL | 2007/02/08/Thu 18:47 [EDIT]
のんきさん
>「まだ一緒にいられる間に、何をしてあげられるか、どんな時間を共に過ごすか」

これって大事ですよね。
そう、出会いも自分に与えられた何かなのですよね。。。
わんこが与えてくれたいろいろな人、コトとの出会い、大切にしたいですね
ぱれっと@管理人 | URL | 2007/02/09/Fri 00:21 [EDIT]
黄身さん
よくわかります。
頭に描いていることはあるんだけど、
うまく表現できない、でも~~みたいな。
でも、きっと小春ちゃんはわかってくれているから大丈夫です!!
ぱれっと@管理人 | URL | 2007/02/09/Fri 00:23 [EDIT]
ひろっちさん
わんちゃんと共に生活している人が、みんなそんな風に思ってくれるようになるといいですよね。。。

そう、時には厳しいことも必要。
やっぱり自分がリーダーであること、それがわんこが安心できることなのですからね。
ぱれっと@管理人 | URL | 2007/02/09/Fri 00:24 [EDIT]



TRACK BACK
TB*URL





Copyright © ぱれっと  愛犬と飼い主さんのための心のケア、身体のケア. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。