ぱれっと  愛犬と飼い主さんのための心のケア、身体のケア
人と犬研究家 なかしまからのご案内!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


男の子 女の子
こんにちわ!! 「ぱれっと」です

久しぶりに、何も予定の無い1日。
・・・というか天気が悪くでかけなかった、というのが正しいのか・・・

我が家のわんこたちも、低血圧・・? のために、
ぐーたらの1日でした

久しぶりに、ゆっくりとヒーリングとマッサージ。
とぉ~~っても気持ち良さそうにしてくれた しえろ と るしあ。
あ~~、幸せをもらったのは私でした


しえろは、1歳になる前に避妊をしました。
子供をとるつもりもなかったし、病気のことを考え、
避妊はするもの、と思っていました。
麻酔の怖さ・・ というものをあまり知らなかったのですが・・・
るしあがきて、去勢について。
ちょっと、考えるところがあり、友人に相談。

希少犬種の飼い主さんである彼女は、
去勢についてとても、貴重な意見をくれました。
「子孫はねー、男の子は選ばれた子しかパパになれないよ。」
種を大切にしているブリーダーさんは、
選ばれた犬たちを交配させて、子孫を増やしている。
飼い主の勝手に、繁殖するのはよくない、ということを改めて勉強させてもらいました。

そして・・
「元気なのに麻酔して手術したい?」
そう・・・ 去勢、避妊は、犬のことを考えてすることではありますが、
人間の勝手なことなのでもあるのです・・・
もちろん、病気を軽減させる、ストレスを軽減させるなど、
私はする必要がある、したほうがよい と思っています。
人によっては、本来の姿を人の手で勝手に変えるのはよくない、
と反対している人もいますが、それは個々の考え方の違いなので。
でも、する、と決めたのであれば、
不安なこともありますが、
こうこうこういう理由で、手術することにしたのだから、
と自信を持って、ちゃんと犬に伝えることが必要なのだな、ということも改めて感じました。

手術に100%はない、と思います。
特に、チワワなどの超小型犬は、麻酔でめざめなかったら・・・という不安がつき物です。
でも、もう、それは、医者を信じ、自分を信じ、犬を信じるしかないのかな・・・
それまでに、どういう生活をさせてあげるのか、
その先生は信頼できるのか、などのリサーチはすべきでしょう。
まだ、るしあは体が小さいので、お医者さんといつにするのか、相談中ですが、
ホメオパシーを使い、出来る限り体に負担がかからないように行う予定です。

そして・・
よく、去勢、避妊をすると、
「うちの子、おかまちゃんなの~~」とか
「もう女の子じゃないのよねぇ~~」いう飼い主さんがいらっしゃいます。
犬は、自分の意志で、そうなったわけではありません。
それがいいと、飼い主さんが選択をし、そうしたのです。
一生涯、男の子は男の子、女の子は女の子。。。
男じゃない、とか 女じゃない、とか
そんな風には言わないであげてください・・・
わんこたちは、傷ついているかもしれません・・・

「ぼくは、そうなりたい、っておねがいしてないよ・・・
そんな風にいわないでよ・・・」って。

獣医さんが
「もちろん、その犬によるけど、
去勢したオスが一番飼いやすいよ。
あまえっこになったりすることが多いみたい」 とおっしゃっていました。

いやぁ。甘えっ子二人になったら
もう、今でも充分あまえっこさんたちですが・・・


あ、それと・・・
避妊したら、太った、というお話もよく耳にします。
体重管理はとても大変かもしれませんが、
小型犬の1kgは、自分に換算すると・・・・
体重管理は飼い主さんのお仕事です
大変かもしれませんが、がんばってくださいね^^
ちなみに、我が家は、避妊後、完全手作りごはん(生食)に変えて、
逆に、体重が減り、その体重を、もう6年キープしています

おっと、今日も語ってしまいました・・・
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © ぱれっと  愛犬と飼い主さんのための心のケア、身体のケア. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。