ぱれっと  愛犬と飼い主さんのための心のケア、身体のケア
人と犬研究家 なかしまからのご案内!
かまれる
こんにちわ。「ぱれっと」です

今まで、自分が参加した犬同伴のセミナーや、
BDMの講座などで、
ほえる、かむ、などの問題行動(BDMでは反応ととらえます)をするという
わんこたちに、会うことがありました。

でも、いつもなれない場であったり、
知らない人がいたりとで、なかなかその激しい(!)場に遭遇することは無かったのですが、
いざ、自分が講座を開催するようになり、

「本気で私のことかむんです・・・」と
お悩みをもつ飼い主さんが、何名か参加してくださったり、
セッションをさせていただいたりしています。

ぱれっと の講座は、少人数だからなのか、

「普段、こういう犬の講座にはうちの犬は連れていかないのです」

とおっしゃる飼い主さんが連れてきてくださるのは、とてもうれしいです。
知らない一面を見れたり、あらためてわんこと向き合い方を考えたりするきっかけとなりますからね。

で、飼い主さんをかんでしまうわんこ。。。
わんこなりに、いろいろと理由があるようです。

・疲れた
・眠い
・なんだか気に食わない
・痛みがある
などなど・・・

痛みについては、お医者さまに診察していただかないとわかりませんが、
わんこの気分で、がうぅ・・・ となってしまう場合は、
やはり、「反応」ととらえていただくのがBDMでの考え方です。

疲れた⇒無理やり触る⇒いやだ、という反応をかむということで表現する

かませないためには、無理やりに触ることをやめる、というのもひとつの手ですよね。
あと、表情を気にしていると、あ、いまいやなのかな、というのがだんだんとわかってくると思います。

ただ、なんの前触れもなしに がうぅ・・・ ということもあるようです。
難しいですね・・・

飼い主さんの心のケア、というのもとても大切だと思っています。

飼い主さんがかまれる、という不安や恐怖をもっていると、
わんこもそれなりの反応をするんだと思っています。
でも、なかなかその恐怖を取り除くのも大変みたいですよね。
やっぱり、本気でかまれると、痛いし、怖いし、さびしい・・・
わんこも、かみたい、とおもってかむ子もいるかもしれませんが、
表現方法が無く、かむ、ということで自分の気持ちをアピールしている子もいるでしょう。

不安感をもたないでくださいね、といってもなかなか難しいみたいです。

いろいろな方法を飼い主さんたちは試してみていらっしゃいます。
「かむ」ときは、わんこのドキドキ度がアップしているので、
できれば、そのドキドキ度をもっとアップしないようにしていけるようになるのが一番なのですが、
なかなか、そうもいかないみたい・・・

難しい問題ですが、
時間をかけて、少しずつ少しずつ改善されていける子が多いのではないかと思います。
「しつけ」で改善していくのも大切。
そして、並行してバランス・ドッグマッサージもつかっていけば、
もしかしたら、少しだけ、変化の状態が早くなるかも知れません。

なにか、問題行動をかかえて、いまそれに対して一生懸命取り組まれている方。
しつけでうまくいかない~~、と悩んでいらっしゃる方。
BDMを一度体験してみてはいかがでしょうか。
今まで気づかなかったなにかに気づくきっかけとなるかも知れません。
そして、自分の中にある、恐怖、不安が少しずつでも取り除けていけたら・・・

今日は、トレーニングの先生と、クライアントさんと3人でのセッションでした。
こういうセッションがどんどんでき、
わんこと飼い主さんがより、愛犬のことを理解できるようになっていければいいな、と思います。
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2008/12/18/Thu 16:00 [EDIT]
>コメントありがとうございます。

飼い主さんが普通だ、というか、そういうものだ、って思っていることが
実は、その問題が起こるきっかけだったりする、っていうこともありますよね。
トレーナーさん、獣医さん、セラピスト・・
飼い主さんではない第三者の目でみることって、
大切なんだな、って思います。

絶対、そのこにもいいところもあるのだから、
そこに目をむけていってあげる、っていうのも大切かなぁ・・

難しい問題です・・・

うちのわんこも、いやだっ
っていうことには、がうぅ・・・ ってなります・・・ v-12
あちゃちゃ・・・
管理人なっち | URL | 2008/12/18/Thu 17:00 [EDIT]



TRACK BACK
TB*URL





Copyright © ぱれっと  愛犬と飼い主さんのための心のケア、身体のケア. all rights reserved.