ぱれっと  愛犬と飼い主さんのための心のケア、身体のケア
人と犬研究家 なかしまからのご案内!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おすすめ本
こんにちわ。「ぱれっと」です

わんフレーズの勉強会が10月10日に開催されます!!
シニアへ向かって
~今からはじめる健康チェックとやさしいホリスティックケア勉強会
詳細はこちらのブログへ!!
(「ブログ」をクリックしてね)
参加申し込みは、上記ブログのコメント欄にお願いいたします。
おって、こちらから確認メールをお送りいたします。
みなさんとお会いできるのを楽しみにしています!
まだまだ、申し込み受付中~~

勉強会を開催するに当たって、
みなさんへお勧めする本がないかなぁ、と思い、
わんこを飼い始めた頃に買った本などを、
今読み返しています。

おそらく、私がホリスティックというものをしり、
すぐに買った本ではないかと思うのですが、
坂本徹也氏の
「ペットの命を守る」という本、ぜひともお勧めしたいです

ノウハウの本ではなく、
坂本氏のインタビューのレポートなのですが、
改めて読み返すと、
へぇ、とか、そーだよねぇ、と思うことてんこ盛り
きっと、4年前くらいに読んだ時は、
あまり深く考えず、そっ、くらいだったと思います。

ホリスティックとか、手作り食とか、マッサージなどという言葉が犬に対して使われるようになって、そうまだ長くはありませんが、
そういう考えの先生が以前からいたことに改めて気づき、医者との出会いでわんことの生活もかわってくるかもしれないな、と思いました。

坂本氏は、ペット業界に浸っているヒトではなく、
一飼い主としてペットビジネスの実態を知りたい、という目線からのスタートだと思われるので、共感することがいくつも出てくるのではないかと思います。

私にとっては、もう耳慣れてしまった「ホリスティック」という言葉ですが、先日、勉強会のチラシを配った先で、
「ホリスティックの意味がわからない」と仲間が言われたそうです。
おおお、自分たちの目線で話をしてしまっている、
ととても反省しました。

何を自分と犬との生活に取り入れるかは、自分次第。
獣医を選ぶのも、自分。
ホリスティックを行うのも自分。
自分のわんこは、自分で責任を持って見守っていきたいな、
と思います。

あ、坂本氏の本、お時間がありましたら是非ご一読を!!
ほかの本もよんでみよっと。
しかし・・・・
買ったけど内容を覚えていない本、いっぱいあるんですよね・・・
実は、とっても知りたかったことが書いてあったりするかも
これから、少しずつ読み返してみないと・・・
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © ぱれっと  愛犬と飼い主さんのための心のケア、身体のケア. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。